酒の肴の組み合わせ

お酒のお供

身体にいい肴

酒の肴は必ずなくては困るというものでもありませんが、ないと口元が寂しいですし、どこか物足りなさを感じやすいところがあります。
でも、お酒が進むからと言ってついつい食べ進めてしまうとカロリーオーバーになって、体重増加にもつながりやすくなります。
今では飲み会や女子会で、女性も男性並みにコミュニケーションの一環としてお酒を飲む機会が飛躍的に増えてきましたが、その時にも楽しくの見た目に添えられるのが酒の肴です。
女性は特に男性よりも美容や健康に気を配るところがありますから、肴についても美容や健康という視点から考えるのもいいでしょう。
肴の代表的な物として、ビールのセットとして定番中の定番でもある枝豆があります。
塩味の効いた枝豆は素材そのものの味を最大限まで引き出し、ビールのおいしさも高めてくれるので好きな人も多いのですが、近年この枝豆の健康効果の高さにスポットライトが当たっています。
豆一粒に豊富な食物繊維やミネラルがあり、ビタミンB1は疲労物質が体内で増えるのを抑制します。
ワインの肴として定番なのがチーズですが、これも牛乳の栄養がコンパクトに凝縮されていますし、お腹がいっぱいになりやすいので食べ過ぎを防ぎます。

酒の肴の組み合わせ

アルコール飲料に肴は必須とも言えますが、そのアルコール飲料の種類と相性のいい肴というものがあります。
自分で作った肴と一緒に飲む時にも食べ物同士の相性を考えないと、本来は美味しいはずお酒の味も引き立ちません。
組み合わせを知ることも大事なのです。
夏にビールを飲む時には必ずと言っていいほど枝豆がついてきますが、このような組み合わせは他のアルコール飲料にももあります。
高ポリフェノールで女性の愛好家も多いワインの場合にはチーズを添えるのが有名です。
チーズにもカマンベールチーズやブルーチーズなど、チーズマイスターの資格が誕生するくらい種類がありますから、それぞれのワインごとにあったチーズというものがあります。
ガツンと飲みたい、酔いたいときに飲むと美味しいテキーラですが、こちらの組み合わせの定番がお塩です。
テキーラを出すお店なら、客が頼まなくてもお塩がすでにテーブルに準備されているくらい当たり前の組み合わせの肴です。
お塩の他にも、レモンやライム、サングリアなどもよく好まれます。
他にも日本酒の場合には、塩辛などがありますが、日本は海の幸に恵まれている土地柄なので、魚介類を使った肴ならどれでも相性がいいです。

Favorite

相談しやすい雰囲気づくりから配慮した事務所ですのでお気軽にご相談ください。

不貞 慰謝料 弁護士

金の買取を神戸でお探しの方はおまかせください

金の買取について神戸で考える

不動産を姫路でお探しの方向けの情報。

不動産 姫路

2018/9/10 更新